1月
18
2007

人類滅亡5分前。

世界終末時計の針が2分進められ、人類滅亡5分前となった。
一般的な醤油味のカップ麺の平均完成時間は3分なので、今なら2分で食べれば
完食後満足して逝ける可能性が残っているが、味噌味など一部太めの麺が
使用されているものや、蕎麦・うどん系などは、完成時間が5分となっている
ものがあり、うっかりこれらを選んでしまうと、出来上がって食べようとした瞬間に
逝ってしまい、悔いを残す事になるので、チョイスには注意が必要だ。

初心者は、バランス栄養食と銘打っているものや、休日だってエネルギーが
いるというCMでお馴染みのもの等を選ぶと良い。これらはどちらも10秒で
食べられると宣伝しているので、今までの様々な自分自身の悪行に対して
懺悔の祈りを捧げる時間が、贅沢にも4分50秒もとれる計算になるため、
アチラに行った際に、閻魔の裁定やアストレイアの天秤が良いほうに傾く
可能性も出てくるのでお得でせぅ。
 

 
世界終末時計(Doomsday clock/核の時計)とは、核戦争による人類滅亡
までの残り時間を象徴的に示す時計で、実物はシカゴ大学にある。
1945年の広島・長崎への原爆投下から2年後の1947年に、アメリカの
科学誌「原子力科学者会報」(Bulletin of the Atomic Scientists)の表紙に
初めて掲載され、以後人類滅亡まで何分前を指しているかが、新年号の
表紙に掲載されている。

1953年のアメリカの水爆実験成功の時は、人類滅亡2分前まで針が
進んだ事があったが、米ソ国交回復(1960)や、部分的核実験禁止条約(1963)
などにより、10分前前後まで回復。1991年には米ソの冷戦終結で17分前に
まで戻ったものの、中国・フランスの核実験(1995)で14分前まで進み、
インド・パキスタンの核実験(1998年)でさらに5分進んで9分前に。
2002年には、弾道弾迎撃ミサイル制限条約(ABM条約)から米国が脱退した事で
本条約が事実上無効になった事や、インド・パキスタン関係の悪化、
テロリストが核兵器の原料を手に入れようとしている証拠が見付かった
などの要因から、更に2分進められて7分前になっていた。

今回2分進められたのは、イランや北朝鮮の核開発問題に加え、
米・ロの核兵器25,000の内即時発射態勢にある約2,000発の核兵器、
ロシアなどの安全管理が不十分な核物質、テロの増大、気候変動の
理由を圧力にした核エネルギー利用増大が核拡散のリクスを高め、
世界が「第2の核の時代」へ入るのではないかと懸念されている事が
その要因として挙げられている。

1981年に、スコットランドの地質学者・古生物学者のドゥーガル・ディクソン
(Dougal Dixon)が著し、日本でわ2004年に復刊された生物系三大奇書
として名高い、5000万年後の人類滅亡後の世界を描いた「アフターマン」や、
同著者が中心になって2003年にイギリスで作成された2億年後の世界
フューチャー・イズ・ワイルド」などが流行るのも、人々が何かしら
危機感を抱いているからなのだろうヵ?と思う今日この頃。

そうそう、この5分間の間に、何かと勇敢に闘って先に逝っておけば、
天馬を駆るワルキューレに誘われてヴァルハラへ迎え入れられ、
ラグナロクまでは手厚いもてなしを受けられるハズなので、
アフターマンみたいな過酷な世界へ転生するような事だけは免れるかも
しれませんね。何をチョイスするか、良く考えておきませぅ。
 
 


 
 


2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Archives

Recommended