5月
30
2009

Don’t Stand So Close To Me.

金曜深夜にやっているドラマ「名探偵の掟」ってのを
長男より次男のほーが優作っぽいな…と毎週みてるんですが、
主題歌をきーてナッカリ。馬場俊英のファイティングポーズの詩
って曲らしいんですが…何これなんてThe Police?w
 

 

 

 
オフィシャルサイトでも観れるようですね。

》馬場俊英オフィシャルサイト

The Policeの曲のほーはヲリジナルより’86にセルフカバーされた曲のほーが
解り易いと思いますので、今回はソチラで。

一番重要なサビの部分が、「Don’t Stand So Close To Me.」の
Aメロまんまな気がするんですが…(A´・ω・)フキフキ

調べてみたら、ネットでは既にあちこちで指摘されてるよーですね。
だからyoutubeになかったのかしら…。賛否両論があるものの、
僕的にはどっからきーても「Don’t Stand So Close To Me」です。
だって、TVで初めてきーたときに、思わずThe Policeのほーの歌詞を
口ずさんでしまい、メロディーがピッタリあってしまってビツクリしたくらいですから。
この方を良く知らないので、カバーなのかインスパイアなのか、はたまた偶然の
一致なのヵわ解りませんが、”そんなに近くに立た”なくてもよいのにねぇw
 
 
更に調べてみたら、2007年末の紅白に出た際の曲のサビは、Billy Joelの
「Honesty」クリソツだとヵ。なんなんだ~?┐(´ー`)┌
 

 

 
確かに途中までは全然違う曲なんですが…サビのこのフレーズはマズいんじゃね?;
印象的なポイントが華麗に一致して聴こえます。もー常習犯ってコトですヵ。
てヵ、いくら話題になってるっても国営放送がコレ選んでどーすんだ( 'ェ')ノヨッ!!
裸体のボ●ィースーツはダメでも、パ●リはヲッケーなんですヵ、そーですヵ。
さすが、パク●常習国のドラマを好んで頻繁に流してるだけありますd(゜ー゜*)ネ♪
 
 

 
 
オリジナルの曲をかなりの数公開してる僕にも、実は●クリに関係する
事件が学生時代にバンドを組んでいるときに発生しまして。

友人が作ってきた曲のアレンジをした際に、ギターのリフが
当時ちょろっと流行った日本のロックバンドのある曲にクリソツだと
メンバーから指摘を受けたんですが、僕としては名前さえ知らないよーな
ロックバンドで、当然その曲も初めて聴くものだったんですよね。
指摘をくれた友人に聴かせてもらってビツクリ。モロ、同じなんですョ。
で、自分なりに色々と考えてみて出した結論が、当時よく”ナガラFM”を
していたので、ヒットチャートに入って紹介されていたその曲を
自然に覚えてしまっていて、自分で思いついたものと錯覚して
アレンジしたのではないかという事。そのフレーズを検証してみると、
僕の好きな感じの音程・音長の使い方だったんで、ちゃんと識別して
記憶していなくても、自然に脳内に記録されてしまったのではないかと
当時分析したんですが、アマチュアとはいえそれは看過できない事ということで、
そのアレンジは即却下しました。もっとも、パクリといわれたくないという
気概があったというよりは、このバンドの曲をパクったと思われたくなかった
だけなんですけどね…そんなに好きになれなかったバンドですしw

これだけ曲が溢れていれば、こんな感じの偶然の一致や、作者が意図した
訳ではないが聴くシトによっては一部似てるなぁ…なんてのもあるのかも
知れない。「クロ●コヤマトの宅急便~♪」とアニメ・ど根性ガエルの
「平面ガエルのピョン吉様わ~♪」のメロディーは、僕にはほぼ同じに聴こえるけど、
多分作った方々にとっては思いもよらない事でせぅ。
でも、こりゃー明らかに意図的だろーっ…てのも多い罠。

例えば、2007年にロックの殿堂入りした某ロックバンド(主にギター?)が
Aerosmithの影響を”激しく”受けていたり、元レースクイーンのシトが
ヴォーカルやってたグループのミリオンヒット曲がDaryl Hallの
「Dream Time」にクリソツだったりするのは有名な話ですね。
 

 

 

みてくれからしてMステをバックレたロシアの外タレに似ていたユニットは、1曲の中にDURAN DURANの複数の曲がつまっていたりして、ここまで来ると口惜しいけど得した気分になっちゃったりします。(右のAmazonの商品ページにある「視聴用サンプル」から聴ける「はじめてのブラジャー」ってのがソレです。出だしの女性の笑い声から始まるところは「Hungry Like The Wolf」。それに続くイントロは「GIRLS ON FILM」+「The Reflex」…と全部紹介しきれませぬが、いくつかを動画で紹介します。いくらカップリング曲だとはいえコレは…)
 

 

 
80年代頃の歌謡曲をきーてると、これあの曲のこのフレーズの
モロパ●リやん!っての、結構ありますよねw

僕がみつけたところでも、中●明●の「サザ●ウィン●」には、YESの
「Owner Of A Lonely Heart」の曲中で印象深いフレーズがモロはいってますし、
菊●桃●の「ブロー●ン・サン●ット」のエンディングなんてどこをどう聴いても
A~haの「Train Of Thought」だし、布●寅●の1stアルバムに入っている
「MATERIALS」のギターリフは 、UFOのPhenomenonに収録されている
「ROCK BOTTOM」にしか聴こえない。
日本の音楽は、中学生の時に習った「欧化政策」って言葉を彷彿させるくらい、
昔から洋楽のパ●リが多かった気がします。
 

 

 

 

 

 

 
真ん中のヤツは歌番組の動画でエンディングが違うアレンジになっちゃってて
確認できないので、興味がある方は原曲を探して聴いてみてくだされ。

まぁ、昔わよかったのかも知らないけれど(いや、よくないと思うけど)、
メディア大国を自負しようっちゅー国が未だにコレじゃーヤヴァいでそ。
お隣の”国々”を批判できないじゃんヵ( 'ェ')ノヨッ!!w

そぉそぉ、ヲメーも●●に似てる曲作ってるじゃん!ってご指摘は
謹んでお受けしますが、僕はアマチュアでコレで金貰ってる訳ではないので、
あんまりイジメないでね?ww
 
 

 


2 Comments + Add Comment

  • 馬場俊英 – ファイティングポーズの詩 のパクリ具合に衝撃を受けた一人です。
    本当にポリスのカバーだと思ひました。
    これはひどいですよね?
    というかひど過ぎる!
    似てる?とか引用?とかいうレベルじゃなくて
    盗作だと思います。
    ミュージシャンとしてプロとしての自覚があるんでしょうか?
    この人最悪ですよ。

  • エントリに挙げた通り、他の曲にも疑惑がある点を忘れて
    1万歩くらい譲り、仮に本人がThe Policeを知らなかったとしても、
    まわりの誰かが気づいても良いよーに思えるんですけどねぇ;
    “話題づくり”としては成功なんでしょうが、”シンガーソングライター”
    としての矜持はどこへ行っちゃうのでしょうかね?
    まぁ、僕もエントリに挙げて話題作りに協力しちゃった訳ですケドw

コメントする

*

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

Recommended